So-net無料ブログ作成

ありがとうをおいしい花束に [特別な食卓]

 

 

昨日は、記事アップ早々にお祝いコメントをたくさん、たくさん、

ありがとうございました。お礼の言葉に代えて、記事でもチラリと書いた

昨夜のお祝いディナーのお料理をご紹介しますね。

 

 

 

お出掛けしたのは、我が家の特別な日の食卓の定番、フレンチの「ラ・サンテ」。

いつもお任せで季節の料理、お勧め料理を少しずつ、コース仕立てで出してもらっています。

今回の料理の主役は「これが、今オーズン、本当に最後になった」というホワイトアスパラです。

千歳空港にも近い安平町の農家から直送される、もぎたてのホワイトアスパラは

このレストランの初夏の名物。研究熱心なシェフが、素材の持ち味を活かしながら、

さまざまな料理に仕立ててくれるのです。

 

写真はありませんが、アミューズで出てきたのは

冷たいフルーツトマトのガスパチョとアスパラのピクルス。

キーンと冷たい口当たりとほどよい酸味が、食欲を心地よく刺激します。

続いて登場したのが、写真↑のホッキ貝とアスパラのサラダ仕立て。

ホッキの磯の香りと甘み、アスパラのシャキシャキとした食感、

オーブンで水分を飛ばしたフルーツトマトの濃厚な旨み、甘さ。

さまざまなオイシイが口の中で弾けて、目にも舌にも楽しい一皿でした。

 

 

                     

 

写真↑の料理、何だか、想像がつきますか?

これは、笹の上に生のアスパラを並べ、さらに笹と笹塩にくるみ、

オーブンで蒸し焼きにした、シェフ自慢の一品。塩にくるまれたままのアスパラが

テーブルに運ばれ、シェフが目の前で塩釜を割ってくれます(↓)。

 

 

遊び心あふれる塩釜焼きは、

シェフがアスパラの味わいを最大限に引き出すために

試行錯誤の末に生み出したものだとか。こんがり焼けた塩釜を割ると、

湯気と一緒に、ほのかな笹の香が立ち上ります。

最後に、黒胡椒の辛みとEXヴァージンオイルをアクセントに添えた

アスパラは、焼トウモロコシのように芳ばしく、甘みが凝縮されています。

丁寧な仕事の積み重ねから生まれた超シンプルな一皿は、

今年の初夏を存分に楽しませてくれました。

 

                     

 

写真↓は、上等なコンソメスープで蝦夷アワビとアスパラ、白カブを

ほどよい加減で煮込んだスープ。最初に具材をいただき、残ったスープに

アワビの肝をすりつぶしたスープで炊いたリゾットを加えて食べます。

アルデンテに仕上げたお米と麦にさまざまな滋味が溶け出したスープが絡んで、

これまた格別な味わい。蝦夷料理の定番でもある寿司や刺身では決して

味わえないアワビの美味しさを教えてもらった一皿でした。

 

 

アスパラと海の幸を存分に味わった後、最後の締めくくりは

青森県産の和牛ロースを使った豪快なカツレツ。

フォンドボーと赤ワイン、たっぷりの玉葱で仕込んだ濃厚な

ソースがカリッと仕上がった衣に絡んで、これまた、旨いの何の…。

中の和牛は脂っこくなく、さっぱりとした味わい。でも、うまみはしっかり。

パンチの効いた濃密な肉料理が、ディナーの最後をググッと引き締めて。

硬軟取り混ぜた料理の構成に、ただただ、脱帽するばかりでした。

 

                

 

ディナーの余韻をさらに深めてくれるデザートは、もちろん、別腹(笑

ラ・サンテはデザートも、料理同様、素材の美味しさを活かしたシンプルなもの。

盛り付けも、とても豪快です(^。^

家人はマンゴープリン&ココナツのアイス(↓左)を

私は小夏のチョコレートムース&木苺のシャーベット(↓右)を、選択。

ボリューム満点のデザートを食べ終えるころには、

もう、胃袋もココロもたーぷりと満たされて、自然に笑みがこぼれていました。

 

「ラ・サンテ」という名前は、アナタの健康に乾杯!という

気持ちを込めてつけられたといいます。

 

これからの一年、ココロもカラダも健康に過ごして、また

来年、元気にここで乾杯をしよう。

そんな想いを新たにした誕生日の夜でした。

 

  

 

ラ・サンテ 札幌市中央区宮の森1条6丁目 M1・6ビル2階

  ℡011・612・9003 毎週水曜定休(水・木と連休の週もあります) 店内・禁煙

  コース料理は、4,000円ぐらい~、家庭画報2007・7月号にも紹介されています。

  

             


nice!(48) 

nice! 48

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。